「SREの探究」読みました

読書の感想

「SREの探究」という本を読みました。

きっかけはSREに関する原理原則やプラクティスではなく、実際に導入や実践していく上での知見を得たかったためです。

とても太い本ですが、読み始めると夢中になってスラスラと読めました。

自分の経験や知識では理解できない部分もありましたが、大変参考になりました。

 

とくに、第7章の「SREのいないSRE:Spotifyケーススタディ」は面白かったです。

「全てのエンジニアにとって運用をデフォルトの責務としていくこと」これは私も理想的な姿だと思います。

AmazonもSRE組織を持たず、サービスやプロダクトの各チームごとにSREを行えるようにしているみたいな話を聞いたことがある。

これが実現できるのはチームメンバーが優秀かつチームの成熟度も高い場合でないと難しい。

昔でいうと基盤チームと言うものが存在していた理由と同じく、ここまで持っていくためにまずSREの役割を果たすためのチームや組織は段階に応じて必要なんだろう。

 

SREという定義に感謝

私は、これまでアプリケーション開発も行いながら「基盤担当」とか「何でも屋」として開発以外のことを拾うことが多く、開発生産性を上げるためのAP基盤、開発や検証の環境構築から本番のインフラ構築、自動化、運用監視、障害対応など多岐に渡り対応してきました。

周りからは頼られるし感謝もされますが、会社としてこの役割を職種として適切に定義していないためPM、業務SE、インフラエンジニアのような評価の対象になることが無く、「縁の下の力持ち」となり、残念で悔しい気持ちではありました。

しかし最近では、DevOpsやSREという言葉が出てきて重要性や役割について認知されるようになったことはとても嬉しく思います。

一方で組織の大きさやフェーズによって役割や範囲が変わってくる非常に柔軟性が必要な仕事だと感じています。

自分はどちらかというと一つのことを掘り下げてスペシャリストを目指すことより、様々なことに興味を持って組織のために何でもマルチにやるというタイプですので、比較的SREに向いているのかもしれないと感じました。

 

www.amazon.co.jp

AWS APNセレクティアサービスパートナーに認定

長かった。。

ようやくセレクティアに昇格できました。

資格者0、案件0から始まり、コツコツ社員みんなで積み重ねた結果。素晴らしい日です。

なかなか進まない時期もありましたが、社長の一声で一気に加速。

提案し、関係者を巻き込み、鼓舞し、キーマンを捕まえて、時には交渉し、調整し、人を動かすこと大変さと達成感を味わいました。

とても良い経験をさせていただきました。

次はアドバンスを目指します!

SIerで働くということ

現在SIerで働いているが、事業会社のプロダクト開発経験もある私がSIerの仕事が良いと思うところをあげてみる。

SIの仕事は地味でしんどくていろんな制約があり、事業会社のプロダクト開発のようにイケイケな最新技術を駆使し自由度の高い環境で働くことができない。 技術に興味が強い人ほど辛いと思う点である。 それでも、SIの仕事には良いところがある。 それは、「様々な業種や会社のシステムに携わることができることができる」ということだ。

いろんな会社の人と一緒に仕事をすることになるし、いろんな会社のシステムや業務に深く入り込むことになる。 本番環境(データも含む)を見ることも多いので、これだけ様々な会社の深いところにダイレクトに入り込める仕事は他に無いと思う。

それについては、人によっては好き嫌いもあるだろう。しかし、飽き性の自分としては1つのプロダクトに携わり続けるより、いろんな会社のシステムに携われることが楽しい。もちろん楽しくない辛いプロジェクトやシステムもあるが、それでもいろんな会社やシステムとお付き合いできることは魅力だと思う。

JAWS-UG朝会に参加

JAWS-UG朝会に参加しました。

子供がいると18時~21時の間は勉強会に参加できないので、朝の開催はありがたいですね。

jawsug-asa.connpass.com

 

AWS Nukeについては知らなかったので活用していきたいと思いました。

退職した社員のメンバーアカウントを削除する際に役立ちそう。

 

あと、オンラインなので仕事開始の直前まで参加できて、いつでも抜けられるのがいいですね。今後も参加していきたいです。

AWS認定DevOps Engineer - Professional 合格

AWS認定DevOps Engineer - Professional 合格しました。

AWSサービスを活用したデプロイ戦略、手法について多く学ぶことができました。

AutoscalingやCloudFormationに関しても普段利用してこなかった機能について知ることができたので、積極的に活用していこうと思う。

 

 

 

脱VM!! リモートコンテナによる開発

現在、社内でリモートコンテナによる開発環境の改善を行っています。

その際に、説明した資料です。

当スライドには記載していませんが、複数のアプリケーションやDBの通信のためDocker networkを利用して相互接続できるようにし、DBのマイグレーションはFlywayを採用しています。

コンテナの知見がまだまだ浅いため、これからデプロイ戦略など学習・検証していきたいと思っております。

AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル合格

AWSソリューションアーキテクトプロフェッショナルに合格しました。

 


 
 試験勉強を進めていく中で、アカウント管理のベストプラクティスやハイブリッドクラウドのネットワーク構成など非常に勉強になり、実際の現場でも役立てることができました。
 
特に、オンプレのサーバ運用の改善について、AWSのSystemManagerやCloudWatchLogsを活用していきたいと思う。